Top > 健康 > 緑茶カテキンの健康効果

緑茶カテキンの健康効果

まず、緑茶に含まれるカテキンには苦みや渋みがあります。体臭にも効果があり、臭いを消します。次に、カテキンには老化防止や疾病予防に繋がる強力な抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する効能の事です。カテキンは、水溶性と脂溶性の中間の成分になります。虫歯や口臭予防、悪玉コレステロールの増加を抑制するので、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果もあります。

 

そして、ポリフェノールの一種なので、免疫力の向上や血中脂質の抑制ができます。血液中の老廃物を体内に貯めさせない効能があるのです。

 

最後に、緑茶にはテアニンが含まれているのでストレスを軽減できます。最も効果的に摂る方法は、煎茶です。カテキンは、テアニンが光合成によって変化した物質なので、光を沢山浴びて作られる煎茶には豊富に含まれています。何回も煎じて飲むと体にいいのですが、理想的なのは煎茶の茶葉毎摂取する事です。

また、反対に日陰で育てられた玉露には、カテキンが少ないです。

まつ毛の健康についてはこちら⇒http://alucky.jp/

 

 

健康

関連エントリー
赤ちゃんとママの乾燥肌対策といったらコレ!緑茶カテキンの健康効果