Top > 注目 > 鉄道事業、都市部の業績は好調

鉄道事業、都市部の業績は好調

鉄道事業、都市部の業績は好調と

いうこと。

 

都市部だと利益が出るけど、

人口が少ないところだと赤字に

なりやすい。

 

ごくごく当たり前の理屈ということに

なるかと思いますが鉄道の場合、

公共的性質があるので、赤字の部分も

やらなければいけないという要素も

あるんですよね。

 

ネット上のコメントを見ると

 

JR九州はいざとなると鉄道を辞める事で企業が生き抜く事になるな。

 

利用者あっての商売だから当然の傾向でしょうね

 

 

冬季、夜間本数少ない路線に乗るのにホームで待つのは冷えて大変だ。

そんなとき、立ち食いそばがあると、うれしくなってしまう。

 

遅いかもしれないが

子供を産んでもらう政策を早急に

しないと日本が停滞する。

 

JR東海とJR東日本の様に儲かり路線がないとダメだな。

JR東日本は首都圏の通勤・通学路線の収入が1兆1153億円

JR東海は東海道新幹線だけで1兆1192億円

 

赤字路線は値上げするか廃線すればいいだけ、そんなこともわからんのか?赤字なら値上げするか畳むか、こんなの幼稚園児でもわかることだ、悩んでる奴は幼稚園児未満の知能レベルか?

 

いろいろな意見が出ていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するっと抹茶の口コミ

注目

関連エントリー
鉄道事業、都市部の業績は好調小池政治塾についての特集ぐんぐんと伸びる髪に髪の毛の状態が気になるので使いやすいネーム印